InouchiHP
いのうちHP(ホームページ)

ライブラリ
Since 1999/11/03

TV

モヤモヤさまぁ〜ず2
2021年5月30日(日) 21:00〜21:54 テレビ東京
北欧っぽい広大な自然が広がる街
埼玉県・飯能市を裏ぶらり散歩

飯能の老舗!タネ専門店・野口のタネ

Last Modified at 2022/02/09


手塚治虫メーリングリストで知りました。
徳島ではテレビ東京は受信できませんけど、
動画配信サービスParavi(パラビ)で見逃し配信しています。

▼「モヤモヤさまぁ〜ず2」シリーズ | Paravi(パラビ)
https://www.paravi.jp/title/19845

※上から2つ目の「モヤモヤさまぁ〜ず2(新作見逃し)」の中にあります(2022/02/09現在)。
 右へスクロールしてサムネイル「ニンニクフェイス。」をお探しください。

※Paraviベーシックプランには2週間の無料体験期間があります。
 無料期間中に解約しても料金はかかりません。わたしはこれで見ました。
 無料体験終了日の翌日より、月額1,017円(税込・2022/02/09現在)が発生します。

というわけで、文字起こししました(暇)。
聞き取れない箇所は「●」、確定できない箇所および確信が持てない箇所は「〓」で挟んでいます。
タイム(hh:mm:ss)はParavi(パラビ)の先頭(00:00:00)始まりです。



出演
大竹 一樹さん(さまぁ〜ず)
三村 マサカズさん(さまぁ〜ず)
田中 瞳さん(テレビ東京アナウンサー)
ショウ君(読み上げ音声ナレーター)

野口のタネ 店主 野口 勲さん(76)
野口のタネ スタッフ 小野地 悠さん(43)
以下、敬称略。


(00:00:53)

ナレーション:都心から約50分の飯能(はんのう)市は、まさに埼玉の北欧なんだよね。

画面:舗装された道を3人(大竹・三村・田中アナ)で歩きながら。

田中アナ:見渡すかぎり、山山です。
大竹:すげえな、緑だ緑。
三村:ねえ。
田中アナ:はい。
     森林が多いというところで言うと、この飯能市内のおよそ75%が森林なんです。
三村:あらーそう。
田中アナ:はい。
大竹:野口のタネがあるよ、そんな中に。野口のタネ。
田中アナ:タネ。
三村:タネ。

画面:野口のタネ、店舗全景。

大竹:野口のタネですね。
三村:あー今、家庭菜園みたいな、手軽なヤツ流行ってるもんね。
大竹:今ね。
田中アナ:流行ってますね。
大竹:タネの種類すごい。

画面:野口のタネ、店内全景。大量のタネ袋。

田中アナ:おもしろーい。
三村:タネおもしろい?
田中アナ:好きですね、結構。
三村:タネ好きなの?
大竹:家のベランダでこう、やったり?
田中アナ:あ、してます。
大竹:え、してるの?
田中アナ:はい。
大竹:何やってるの?
田中アナ:ナスとか。あといまズッキーニのタネも持っていて。
三村:えー。
大竹:ほう。
田中アナ:いつやろうかなっていうところなんです。
大竹:まじで?
田中アナ:はい。
三村:じゃあ食い付いてるんじゃん、タネ。
大竹:こういうかんじ?

画面:店の前に陳列してある苗の前で。

田中アナ:こんなかんじですね。育ったら植え替えて。
大竹:結構こういうのって早いもんね、育つのね。
田中アナ:はい。
三村:俺もやってみようかなー、暇だし。
田中アナ:楽しいですよ。

三村:こんにちはー。

画面:店内に入る3人。

ナレーション:興味があるんで行ってみるみたいですよ。

大竹:何種類ぐらいあるんですか? このタネは。

画面:店主 野口 勲さん(76)

野口:んー5〜600種類、ちょっと分かんないですけどね、数えたことないから。
田中アナ:え! そんなに。
三村:今から、割と結構早めに育つとかっていう植物って。
野口:スーパーなんかで売っているタネのほうが早く、早く育ちます。
三村:あ、そうなんですか?
野口:うちで売ってるのは昔のタネで「固定種」と言うんですけど、タネが採れるタネなんですよね。

テロップ:
固定種
できた作物から種を採ると同じ作物ができる種
昔ながらの味・個性的な味が楽しめるのが特徴


大竹:はーはーはー。
三村:タネからさらに。
野口:育った野菜に花が咲いてタネを付けて、そのタネをまくとまたおんなじものができるという。
三村:スーパーとかのやつは、もっかいできないんですか?
野口:「一代雑種」と言って一代限りね。
三村:あ、そうなんですか。
野口:だから毎年買わなくちゃいけない。
大竹:あーえー。
三村:そんなことも知らな〓かった〓。
大竹:知らねーなー。
田中アナ:(笑)

ナレーション:昔ながらのタネ、固定種を専門に扱ってる野口のタネさんは、1929年創業っつー、かなりの老舗。
貴重な伝統野菜のタネを求めて全国各地の育てたがーりーな人たちが、わざわざ埼玉の飯能まで買いにくるっつー、
タネ業界の総本山的な有名店、らしいっす。


テロップ(上のナレーションに合わせて):
固定種を専門に扱う種屋さん

創業90年以上の老舗

全国からお客さんが来る名店

種業界では超有名なお店


田中アナ:あーそうなんですねー。
大竹:田中、タイガーメロン、おもしろいんじゃないの?
田中アナ:いやわたし、ちょうど見てました。
大竹:なああれタイガーメロン。
三村:これ?
田中アナ:かっこいいですね、これ。
大竹:これ、でも時間かかるでしょうね、これ実になるまでは。
野口:(右隣りの小野地さんを見ながら) 6月にまいて、8月ぐらいから。
小野地:8月中には。
3人:え!
田中アナ:そんなに早いんですか?
三村:あ、言ってもそんな早いんだ。

画面:タイガーメロン 1袋 314円

野口:うん。もともとあの、メロンてアフリカ原産ですからね。
大竹:はい。
三村:ふーん。
田中アナ:タイガーメロン、いけますね。
野口:おいしいですよ、それ。甘くて。
三村:結果が早い。

三村:ん? ん?
小野地:あ、これはあのー鉢植えには向かないんですけど、セロリのタネなんですけど、

画面:スタッフ 小野地 悠さん(43)

小野地:ちょっと香りがすごいんで、かいでみてください。
田中アナ:ホールセロリー。
三村:(香りをかいで) う”! すげえセロリだ!

テロップ:種なのにセロリの匂い。

野口:タネの時から。
田中アナ:え。
三村:タネからセロリの匂いしてるけど。
大竹:(香りをかいで) うわーすっげえセロリこれ。
田中アナ:そんなにですか?
三村:結構強めに。
田中アナ:(香りをかいで) はあー!
三村:お茶っ葉みたいだから全部吸い込んじゃえ、それ。

画面:ホールセロリー 1袋 314円

田中アナ:こんなに細かいんですね、タネって。
大竹:ちっちゃいですね、タネが。
田中アナ:わ”ー。
野口:そういうそのー、「命が続くタネ」「子孫が続くタネ」だから、あの、うちのシンボルとして「火の鳥」。

画面:野口さん、壁の「火の鳥」を指さす。

3人:あー。
三村:これ手塚プロダクションって書いてあるんですけど。
野口:あのー、正、あのー契約書作って、OK取ってます。
大竹:すごいっすね。
三村:なに、なにを契約? なにを。
野口:いやー、僕が存命中の、にかぎり、これを看板で使う許可を与えるという。
大竹:えー。
三村:え、知り合いだったんですか?
野口:虫プロという会社に、まあ勤めていて、そこで手塚治虫の担当編集者で。
3人:えー!
三村:すごい!
野口:火の鳥の初代担当編集者。
三村:すごいっすねー。

ナレーション:野口のタネの3代目、野口さんは、30歳まで手塚治虫先生の担当編集者をやってて、
手塚先生が野口さんをモデルに大人のアトムを描いちゃったってうわさされるほど名物編集者だった、
らしいっす。
で、家業のタネ屋を継ぐときに、手塚先生にお店にイラストを飾らせてくださいって直談判したら、
快くOKしてくれた、らしいですよ。


テロップ(上のナレーションに合わせて):
野口のタネの3代目(画面:マスクをしていない野口さんの写真)

30歳まで手塚治虫の担当編集者を務める(画面:当時20歳の野口さんの写真)

手塚先生に気に入られていた(画面:手塚先生と野口さん2人の写真。撮影/中山慶治)

家業の「野口のタネ」を継ぐため編集者業を退く

「お店でイラストを使わせて欲しい」と直談判

手塚先生本人が快諾。


野口:アトムと火の鳥をうちの看板にくださいって言って、OKもらっちゃったという。
3人:(笑)
三村:直接の〓やつなんだ〓これ。
野口:ただ手塚先生亡くなってから、先生との口約束だけで使ってるのはちょっとまずいから、
   この契約書にサインしてくださいってんで契約書にしたんです。
3人:へえ。
三村:急に現実の厳しいやつが。
3人:(笑)

テロップ:契約社会の現実。

三村:言った言わないになっちゃう。
大竹:なんかリアルなー話ね、これ。
三村:ちなみに、手塚先生のところにいらっしゃった。目指してたんですか漫画家を?
野口:子どものころは漫画家になりたかったんですけどね、小学生ぐらいは。
   中学ぐらいになって自分にはその才能が無いのと根気が続かないのに、分かったんで。
大竹:見たいけどね、でもそれでも。ご主人の絵をね。
三村:うん。見たい。

画面:野口さんイラストを描き始める。

野口:虫プロにいるって言うとこう、じゃあアトム描いてなんて子どもに頼まれちゃうことがあるんで。
三村:わあもうタッチが、に迷いがないわ。
大竹:うまい。
田中アナ:ほんとですね。
三村:うまい。
田中アナ:わあーお。
三村:アトムだ。
野口:こんな、こんな。(笑)
田中アナ:あっという間に。アトム。
三村:すごいよ。
野口:これは仕事上描かなくちゃいけない場面があるから。
三村:そうか子どもにねだられるんですか。
田中アナ:おおー。速かったですね。
三村:作者みたい。
野口:手塚先生に付いて地方へ行ったりしてサイン会なんかあると、手塚先生がそこでサイン書いて
   僕はそのベタ塗りやったり。
大竹:ああー。
田中アナ:へえー。
三村:手塚先生のサインも書けるんですか?
野口:書けません、書けません!
3人:(笑)

テロップ:サインなど恐れ多い。

大竹:それは本人がやってたんだよね。
三村:ここに書いちゃって。(笑)
田中アナ:恐れ多いですよねー。
大竹:「お前やっとけ!」つって。
3人:(笑)

画面:お店を辞する3人。見送る野口さん。

テロップ:
飯能市 モヤモヤSPOT
手塚先生の元担当編集者が営む種専門店


三村:じゃあどうもありがとうございました。
田中アナ:ありがとうございまーす。

ナレーション:人の人生って紆余曲折ありますねー。

三村:これですね?(入り口右側のスーツ姿のアトムと〓ウランちゃん〓を指さして)
田中アナ:あー。
野口:そうです。

三村:すごい人がいたもんだ。
大竹:いたもんだ。
田中アナ:ほんとですねー。
三村:うーん。

(00:06:49)



これですっかり野口のタネさんを訪問した気になってしまいました。(^^)

というか、この番組見て、もう飯能市に行った気になってしまいました。(^^;

ちなみにこの番組の次回予告は、
2021年5月30日(日)放送 埼玉県・飯能市ブラブラ

緑がいっぱい!種の専門店で意外な人物に遭遇
▼峠マニアが選ぶ!おすすめ峠ベスト3
▼デカ盛りお蕎麦屋さんで「しゃべれよ」
▼かわいいメダカにノックアウト
▼シュール参拝
でした。

気になったかたは、こちら。(^^)

▼「モヤモヤさまぁ〜ず2」シリーズ | Paravi(パラビ)
https://www.paravi.jp/title/19845


inouchi@home.nifty.jp